知っておきたい「海外駐在員」と「現地採用」について

知っておきたい「海外駐在員」と「現地採用」について

ここ最近、「海外就職」や「海外転職」、それに「海外就職するための語学留学」、「海外企業でのインターンシップ」・・・、
なんて言葉を耳にすることも多くなったと思いませんか。
ここ日本でも、国際的な視野を広げようという動きが活発化しています。
国内だけで足踏みしているだけの閉塞的な教育やビジネスではダメだ、世界に乗り遅れる・・・といった考えの人や企業が増えたことも背景にはあるようです。
実際に、いち早く海外に目を向けている企業では東南アジアを中心に海外支社や工場を置くなどして、積極的に海外進出を遂げています。
いま現在就職活動中という学生や、進学先を検討中といった高校生の方、それに既に企業に勤める労働者のなかには、
これまで以上にキャリアアップするにはどうしたらいいのかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、海外就職に興味があるという方、海外就職を目指したいけど一体何をしたらいいのか分からないという方に向けて、
「海外就職」についての基本知識や、海外就職を目指すときに知っておきたい情報などをいろいろとご紹介していきます!
 
  •  海外就職の基本!日本人が海外で働くケースは主に二つ!!

海外就職を志す人に絶対に知っておいていただきたい海外就職の基本として、「海外駐在員」と「現地採用」という海外就職の二つのケースをご紹介します!!
一口で海外就職といっても、どちらのタイプで就職するかによって仕事内容やメリット、デメリットなどがちがいます。
海外就職を目指すのであれば、まずは自分がどちらのタイプで進むのかを決めておかなければなりません。
それではまずは、「海外駐在員」と「現地採用」それぞれの特徴について以下で見ていきます。



  callシステム

avシステム・広島のセキュリティシステム

LLシステム

音響 広島